土瑠茶通信

  • 第1回レイテ支援、募金を送金しました。
  • ミンダナオ子ども図書館の代表、松居直さんより、26日よりレイテ島へスタッフが支援に入るとの連絡をいただきましたので、第1回分として集まった募金計3万円を、11月22日金曜にミンダナオ子ども図書館さんの口座へレイテ支援として送金いたしました。

    私の恩師であるレイテ在住の大学教授の無事も、昨日になって確認することができました。
    ひとつひとつ、まだまだですが少しずつでもレイテの復興を願って被災地支援を継続してまいります。

  • 2013年11月23日
  • フィリピン・レイテ島台風被災地支援のお願い
  • カフェ土瑠茶 (佐藤真由果よりお願い)
    フィリピン・レイテ島台風被災者支援プロジェクト

    【みなさまのご協力をお願い申し上げます】

    フィリピン・レイテ島を襲った台風被害。島は壊滅的な被害を受けています。

    レイテ島は太平洋戦争の最終激戦地です。
    小さな小さな南の島で、日本兵を含む何万人もの同じ人間同士が戦い合い、殺し合い、亡くなりました。
    戦争とは何か、平和とは何か、レイテ島には、世界各国からの平和へのメッセージが寄せられた記念公園があるほか、町の中には当時を語り継ぐ戦跡がたくさん遺されています。
    私は、98年~2000年、2006年にレイテを計7回訪問し、それらの戦跡や、当時を生き抜いてこられた住民の方と会い、戦争の記憶を見聞きしたほか、「同じ人としてこの地球に生きる」ということはどういうことなのか、そんな価値観をレイテから学びました。

    日本兵に家族を殺されたおばあさん、おじいさん。
    目の前で両親や兄弟を斬り殺された記憶を引きずりながらも、私に、「あのときの出来事を許すことはまだできないけど、でも、あなたや日本人のことは許したい。許すことができなければ平和は訪れない」と、涙ながらに話してくれました。

    一方で、レイテの上部に位置するビリーラン島では、日本兵が大工仕事をしてくれるかわりに、彼らの炊事を村人がまかなったりするなど、仲良く共同生活をしていたと、当時を生きてきた人びとから「あんないい時代はなかった」という話も聞きました。

    そんな人たちが住むレイテの島周辺が、いま、台風により壊滅状態にあります。戦跡めぐりを案内してくれた現地の大学教授とも連絡が取れずにいます。

    私に平和の何たるかを教えてくれたレイテに、できうるかぎりの恩返しをしたく、直接レイテに入るNGOと出会いましたので、大変恐縮ですが、みなさまに被災地支援のご協力をお願い申し上げます。

    【義援金送金先】 
    ミンダナオ子ども図書館 http://home.att.ne.jp/grape/MindanaoCL/mindanews.htm
    フィリピンのミンダナオ島に長きにわたって絵本や衣類を送る支援活動をされてきている「ミンダナオ子ども図書館」さんが、直接現地へ届けられるネットワークで義援金を募っています。被災直後のいま、ミンダナオ子ども図書館の現地スタッフが、フィリピン赤十字社とともに被災地支援に入ります。ぜひ、こちらに義援金の寄付をお願いします。

    郵便振替口座番号:00100 0 18057 口座名:ミンダナオ子ども図書館
    または、
    ゆうちょ銀行 金融機関コード 9900 店番 019 預金種目 
    当座 店名 0一九(ゼロイチキュウ店)口座番号 0018057 

    【古着などの衣類寄付】
    ミンダナオ子ども図書館さんのフィリピン窓口へ衣類を送ります。こちらを通じて、レイテへ届けていただけることになりました。現地への輸送には、フォレックスというフィリピン専門の宅配業者に依頼します。まとまり次第、集荷に来てもらう予定です。送料13,000円の便で送る予定です。そのため、大変恐縮ですが、衣類寄付をくださる方がたに、送料カンパとしてお一人1,000円の現金の寄付をお願い申し上げます。こちらは、日本からフィリピンへの輸送費、そして、ミンダナオからレイテへ送る際の経費カンパとして充当いたします。
    輸送に数か月かかりますが、現地の被害は甚大につき、長期に渡る支援が必要とのこと。ミンダナオ子ども図書館では、各国の軍隊などが撤収した後の状況を踏まえ、物資を集めて現地へ届ける、と代表の松居直さんより伺いました。

    衣類寄付についてのお願い事項として、
    ・衣類は必ず洗濯してからお持ちくださいますようお願い申し上げます。
    穴があいていたり、ほつれているようなものは×
    ・夏服限定です。常夏地域です。
    ・下着など、新品のもので余っているものがありましたら、そちらもお願いいたします。
    ・サンダル、靴なども必要です。
    ・余っている新品タオルなども、ぜひ!
    ・子供服、大人の服、年代を問いません。

    衣類寄付をご希望の方は、カフェ土瑠茶までお持ちいただくか、宅急便などでお送りいただいてもかまいません(すみません、その際の送料は、こちらも送り主さまのご負担でお願いいたします)。
    宅急便で土瑠茶まで送られる方は、大変申し訳ございませんがあわせてフィリピンへの郵送費カンパも封入をお願い申し上げます。

    衣類を宅急便で送付される場合の送付先:
    カフェ土瑠茶
    〒330‐0062 さいたま市浦和区仲町4-11-14 Tel : 048-861-1755
    ※宅配送料は送り主様のご負担でお願いいたします。また、フィリピン輸送費カンパ1000円同封でお願いいたします。お願いばかりで申し訳ございません。

    このたびは、レイテの台風被災者支援に関心いただきまして、ありがとうございます。
    みなさまから寄せられたカンパ、また、衣類発送の状況などは、カフェ土瑠茶のホームページにて随時お知らせしていきます(義援金先のミンダナオ子ども図書館さんのホームページでも随時活動状況がアップされていきます。そちらもご確認くださいませ)。

    困難な時代だからこそ、人種や思想を超えてつながりあえる社会でありますように。
    みなさまの平和と、健康と、日々の安全をお祈りしつつ、心より感謝申し上げます。
    長文を失礼いたしました。

    佐藤真由果 拝
    (カフェ土瑠茶)
    2013/11/15

  • 2013年11月23日
  • ベトナムチャリティーフェア~雑貨販売中~
  • ベトナムシルクのショール

    ベトナムシルクのショール

    【ベトナムチャリティーフェア開催中】
    買って応援プロジェクト!

    11月にホーチミンで第11回刺繍創作コンテストを開催するため、
    ただいまお店ではコンテスト開催費用として、ベトナム雑貨のチャリティー販売をしています。

    ベトナムシルクのストール各種、良い色合いで取り揃えております。
    また、ちょっとお値段がはりますが、この時期にお召しになるのにぴったりな
    ベトナム製の洋服もございます。
    ほかにもポーチなど雑貨も取り寄せております。

    こちらの売上金はすべて、アジアの文化を守り育てる会が開催する
    第11回刺繍創作コンテスト(@ホーチミン市)の開催経費に充当されます。

    お近くにお越しの際は、ぜひ買って応援!よろしくお願いいたしまーす♪

  • 2013年09月24日